金魚日記

金魚についてのブログです。初心者につき手探りで飼育をしております。

ナイトアクアリウムに行ってきた

毎年気になりつつ行けていなかったナイトアクアリウム。今年になって、やっと行ってきた。

http://artaquarium.jp/nihonbashi2017/

花金の夜だったからか入場前に並ぶこともなく、夫と2人でのんびりと眺めてきた。

 

入ったらすぐに立派な金魚達がお出迎え。

f:id:yuiko1230:20170731150309j:plain

f:id:yuiko1230:20170728193452j:image

f:id:yuiko1230:20170728193510j:image

f:id:yuiko1230:20170728193602j:image

 

少し進むと切子細工の水槽に金魚達が入っていた。家に欲しい。

f:id:yuiko1230:20170731150452j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150506j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150520j:plain

 

色んな種類の金魚達。水泡眼を上から眺めてみたいとずっと思っていたので感動した。

f:id:yuiko1230:20170731150550j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150605j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150646j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150849j:plain  

f:id:yuiko1230:20170731151254j:plain

f:id:yuiko1230:20170731152954j:plain

 

金魚だけかと思っていたが、海の生物もかなり展示されていた。

f:id:yuiko1230:20170731150632j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150741j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150832j:plain

f:id:yuiko1230:20170731151153j:plain

f:id:yuiko1230:20170731152846j:plain

 

カラフルな水槽もたくさん。

f:id:yuiko1230:20170731150943j:plain

f:id:yuiko1230:20170731151109j:plain

f:id:yuiko1230:20170731151205j:plain

 

そして、ナイトアクアリウムといえばこの大水槽。

f:id:yuiko1230:20170731151321j:plain

f:id:yuiko1230:20170731151641j:plain

 

いやはやすごい。眩しい照明に照らされて、無数の金魚達がグルグルと水槽を回遊しているのだ。圧巻である。

f:id:yuiko1230:20170731153810j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153838j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153852j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153905j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153933j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153614j:plain

f:id:yuiko1230:20170731153655j:plain
じっと見つめていると、あまりの過密具合に浄水システムが気になりはじめ、人間の業や金魚の存在意義などまで考えはじめてしまった。怖ろしい美しさに、漠然とした悲しみを感じながらそそくさと出口へと向かった。

 

出口には竜宮城のお土産よろしく、玉手箱や掛軸、金銀財宝が置かれていた。

f:id:yuiko1230:20170731153305j:plain 

 玉手箱の中では高そうならんちゅう達がゆったりと泳いでいた。先ほどの大水槽で泳いでいた琉金や丹頂達とは大違いだ。ああ厳しき格差社会。

 

外に出ると金魚グッズの山である。先ほどのしんみりした気持ちが一転、夢中になって見て回った。現金なものである。

f:id:yuiko1230:20170731150056j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150112j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150025j:plain

f:id:yuiko1230:20170731150041j:plain

自分用のものと、金魚仲間へのお土産を買って会場を出た。

帰る道すがら、我が家の2匹の金魚達を思い出した。会場に入れるとしたら、問答無用で大水槽行きであろう2匹である。大切に育てようとしみじみ心に誓った。