金魚日記

金魚についてのブログです。初心者につき手探りで飼育をしております。

2年越しの大掃除

ヤマトヌマエビの生活区域の確保にあたり、掃除も同時にやることにした。

水を足したり、金魚が暴れたりした時に、浮泥やゴミが舞い上がるのが気になっていたのだ。

浮泥はふわふわと散り積もる深緑色の藻のようなもので、バクテリアが多く含まれており、水質の安定に一役買っているらしい。ぶくぶく(投げ込み式フィルター)にも浮泥がびっしり詰まっている。

f:id:yuiko1230:20170624104543j:image

ヤマトヌマエビだけの時は気にしていなかったのだが、金魚が泳ぐと舞い上がるのでどうも気になる。埃だらけの空気を吸わせているような居心地の悪さだ。

 

ということでサクサクとお掃除。

まずは上の方の水をバケツに抜いていく。流木を取り出したらヤマトヌマエビが出てきた。お元気そうでなにより。

f:id:yuiko1230:20170624205806j:image

f:id:yuiko1230:20170625005254j:plain

琉金、ヤマトヌマエビ、金魚達、水草をバケツへと移動。

f:id:yuiko1230:20170624210331j:image

琉金は怯えているのか、らんちゅうに寄り添おうと必死だった。一方のらんちゅうは、ぼんやりと漂っていた。性格が良く出ている。

さて、ここからが骨だ。フィルターやライトを外して水槽を風呂場へと運び、残った水の中でフィルターを分解して軽く汚れを落とした。

残ったのは汚れた水と底砂である。この底砂、2年間ほとんど掃除をしなかったので、恐る恐る手を入れてかき回した。水はどんどん黒くなる。もうヤケだと米とぎの要領でザクザクと洗い、洗面器に砂を移していく。この時、死んでしまった石巻貝などの貝殻もたくさん出てきた。2年間の歴史を感じる。

f:id:yuiko1230:20170624233658j:image

さて、砂を大体出し終えた。

f:id:yuiko1230:20170624233912j:image

 水が真っ黒だ。どれくらい汚れているかというと、

f:id:yuiko1230:20170624211811j:image

f:id:yuiko1230:20170624211531j:image

これくらい。「浮泥」というだけあって、下に沈むのだがサラサラしている。匂いもほとんどない。これを流した後、浮泥が少し残ったまま底砂を敷き、壁面はキッチンペーパーで拭くだけにした。

昔はとにかく清潔にしなければと、ここから綺麗な水で入念にゆすいで、底砂も徹底的に洗っていた。水質が安定しなかったのは、それが原因だったのかもしれない。

水槽を元の位置に戻して、フィルター、ライト、水草もセットした。

f:id:yuiko1230:20170624232338j:image

ここで気づいたのたが、壁面の上のところの汚れが落ちていなかった。

f:id:yuiko1230:20170624232948j:image

うーん。何だろう。引っ掻いても取れないので取りあえずそのままにして、少しずつ水を戻していく。

f:id:yuiko1230:20170624233249j:image

ヤマトヌマエビの隠れ家になるように、流木は端っこに置いた。

元々の水に、カルキを抜いた新しい水も足してひと段落したのがこちら。

 f:id:yuiko1230:20170624234330j:image 

水を入れたばかりなので少し濁っているが、翌日には落ち着いた。

f:id:yuiko1230:20170624234736j:image

金魚達が泳ぎ回ってもゴミが舞わないし、とりあえずこれで様子を見ていきたい。