金魚日記

金魚についてのブログです。初心者につき手探りで飼育をしております。

先住民ヤマトヌマエビ

我が家の水槽には一匹だけヤマトヌマエビがいる。

きんちゃん亡き後、水槽にヤマトヌマエビを五匹入れたのだが、すぐに四匹が死んでしまった。生き残った一匹は、雑な環境下ながら二年も逞しく生き延びてきた。

水槽に一匹きりの時は、我が物顔で底砂の上を歩き回り、数日に一回餌を与える以外は、流木についた苔などをツマツマと摘んでいた。名前はつけずに「エビさん」と呼んでいた。

今回、同居者が増えても流木の下や水草に隠れられるだろうと高を括っていたのだが、金魚達を投入した後から見当たらなくなってしまった。

ヤマトヌマエビはそこそこ大きいので、金魚に食べられることはないはずだと、数日ほど観察してやっと発見することができた。

どうやら流木の中に潜んでいるらしい。

f:id:yuiko1230:20170623014143j:image

発見できたのは、流木の中で微かに揺れるヤマトヌマエビのヒゲが見えたからだ。身動きできるようなスペースはないだろうに、かなり奥深くへと潜っており、出てくる気配はなかった。金魚達に怯えて、出ることができなくなっているようだ。

あんなに自由に歩き回っていた先住民が追いやられるとは、可哀想なことをしてしまった。双方が住み良くなるようなレイアウトを考えなければ。