金魚日記

金魚についてのブログです。初心者につき手探りで飼育をしております。

逆さまの世界

きんちゃんの具合が悪い。

少し前から、引っ繰り返ることがあり、すぐに普通の向きに戻るので何をやっているのだろうと思いながら見ていた。ちなみにこんな感じ。

 

f:id:yuiko1230:20141208194653j:plain

※コードに挟まって抜けなくなったわけではない。

 

一応水替えをこまめにやり塩を入れていたけれど、この数日後、底砂に横たわってぐったりしたまま動かなくなってしまった。呼吸のためにエラや口は動いているし、たまに場所を移動しているのでまだ力はあるようだけども元気がない。食欲もない。そもそも横に寝転がっている光景が異常すぎる。

よくよく観察したところ、尾っぽに綿埃のようなものがかすかに見られた。白カビ病の類いと判断し、本水槽で数日グリーンFリキッド+塩で薬浴させた。薬浴の結果、綿埃みたいなものは消えたし悪化もしないけど、横たわっている状況に改善は見られず。

水槽に顔を近づけて観察する私を見つめ返しながら、ぐったりと横になって呼吸を繰り返しているきんちゃん。酷い衰弱ぶりで目も当てられない姿である。申し訳ない気持ちで一杯である。

 

本水槽の状態が良くないのかもしれないと思い、以前使っていた小さな水槽にエアレーションとヒーターだけを入れて塩浴させようと掬ってみたところ、きんちゃんの体の片面が赤くなっていた。

横たわっていた時にいつも下にしている側面なので気づかなかった。

こんな感じ→f:id:yuiko1230:20141224141958j:plain(くっきりはっきり病気な画像なので小さくしてみた。クリックすると大きく表示される)

ちなみに、灯りのせいで目がおかしな事になっているけれども、死んでいるわけでもポップアイになっているわけでもない。

 

初めての症状なので驚きながら調べたところエロモナス菌による赤斑病であると判断して間違いなさそうである。(白カビ病は衰弱していたところに併発)

いろいろと調べたけれど下記の鯉の雑誌に掲載されていた症状が一番近い。
http://jnpa.info/b1/ks004.htm

「赤斑病には、発病後1~2週間以内に斃死する急性のものと、症状が現れてから数週間を経て食欲がなくなり、動きが緩慢になってやがて死に至る慢性のものとがある。 」

数週間も経っていないのにこの衰弱ぶりなので急性のものなのか、それともこの状態が数週間続いて死んでしまうのか。

グリーンFゴールドが治療薬として適切ということなのですぐにAmazonで購入、二日ほど普通の塩浴に切り替えてから、グリーンFゴールドで薬浴中の現在である。

元気に年を越して長生きして欲しいのだけども難しいのかもしれない。とにかくできる限りのことをしなければならない。